老人ホーム選び

健康型有料老人ホームとは?入居条件や特徴は?

健康型有料老人ホームとは?入居条件や特徴は?

健康型有料老人ホームとは、有料老人ホームの中でも自立状態の高齢者や要支援状態の高齢者を対象とした、食事サービスが付いた高齢者施設です。

健康型有料老人ホームのサービス

健康型有料老人ホームは元気な状態の維持を目的としているため、温泉やスポーツジム、プールなどの設備が充実しており、居室は1LDKや2DKなど比較的広めの間取りでバリアフリー、バス・キッチンがついています。施設によってはあえて段差を作り、身体機能の維持を図る施設も存在しています。

また、健康型有料老人ホームは生活を楽しむためのレクリエーション施設や催しが充実していおり、食事や洗濯などの家事を依頼することも可能でシニアライフをエンジョイする時間を生み出せます。趣味や体操などのサークル活動も盛んに行われており、老後をアクティブに過ごしたいと願う方は充実した時間が過ごせます。充実した日常生活を維持することで、結果として健康寿命を延ばし元気なシニアライフを楽しむことが可能となります。

健康型有料老人ホームとよく比較される施設にサービス付き高齢者向け住宅があります。サービス付き高齢者向け住宅は国土交通省と厚生労働省が共同で所管する高齢者向け住宅で基本的に「賃貸住宅」ですが、ある程度の介護や支援が必要な方も入居できる等メリットがあり、「介護」が受けられるか否かが両者の大きな違いです。

健康型有料老人ホームの費用

元気な方が入居することで利用年数が長く、月額の利用料が総額として多くなる傾向があります。また、施設の敷地面積や共用設備に費用をかけていることから、入居の一時金が高めに設定され、施設によっては数千万円を超える場合もあります。
【関連記事】老人ホーム入居に必要となる費用

なお、一時金については一定期間内に退去した際の返金がありますが、償却期間や償却率が違うなど返還される金額については国の定めた基準がないので施設によって条件が異なります。施設によっては「入居金」「入居申込金」「施設協力金」といった名称で発生する初期費用は返還対象とならない場合もあるので注意が必要です。入居前には必ず条件を確認するようにしましょう。

月額利用料金は20万円から40万円程度が目安。入居一時金が高いところは月額料金を安く抑えているところもありますが、総じて費用はあまり変わりません。

健康型有料老人ホームの受入条件

入居条件として「60歳以上」などの年齢制限を設けているところがほとんどです。健康型という名前の通り、元気な状態が維持できていれば住み続けることができますが、介護が必要になった場合は契約を解除して退去しなければなりません。近隣や系列施設として介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームを備えている施設もあります。

まとめ

一定年齢以上(施設によって異なる)で元気な状態の方が生活することのできるホームです。健康を維持するための施設やアクティビティが充実しているのが特徴です。元気な状態で生活を始める=居住年数が長くなるという傾向から入居時費用が高額になったり、入居時費用が安い場合でも月額費用が高額など施設によって様々ですので、費用面を検討して入居する必要があります。

また、介護が必要な状態になると退去をしなければならないという前提を忘れてはなりません。全国的に見ても非常に数が少ないため、希望する都道府県にどのような施設があるか事前に調べてみると良いでしょう。

  • お問い合わせ

    ご相談・ご質問等ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください。

  • 資料請求

    施設のパンフレットを無料で
    お送りいたします。

  • 見学予約

    ご希望の施設の館内やお部屋を
    実際にご覧いただけます。