感染症予防に関する大切なお知らせ
In Response to the COVID-19

桜十字グループの医師の指示のもと感染対策に取り組んでいます。

監修
福岡桜十字病院 感染症委員会

職員への感染症予防対策

1.出勤前後の検温

出勤前自宅での検温と出勤後施設の入り口で検温を行います。37.0度以上の発熱が確認された場合は自宅待機とし、医療機関での診療を受け、医師の判断を仰ぎます。

2.手洗いの徹底

介護業務ではご入居者さまに直接触れる機会も多いことから、人の手を介して感染を伝播させないために、ケアの前後と合間にこまめに手を洗うよう徹底しています。

3.マスクの着用

症状がない場合であってもご入居者さまと接する際や通勤時において、マスクを着用することを徹底しています。

4.「3密」を避ける

勤務時間外においても、3つの密(集団感染を招きやすい密閉、密集、密接)が重なる場を徹底して避けるなど、感染予防を意識して行動します。

5.施設内消毒

休憩室、更衣室、ドアノブや電気スイッチ等、人がよく触れるところは、定期的にアルコール消毒を行います。

6.私用端末の持ち込み禁止

環境の整備

  • 毎日、施設長・看護責任者による館内ラウンドを行い、感染危険性のある場所を早期に発見します。
  • 「感染症予防チェックリスト」に基づき、施設内での実施状況を毎日確認しています。
  • 感染予防に必要な物品管理を一元化して、各施設に必要数保管出来ている状態を保っています。

ご入居者さまへの感染症予防対策

1.毎日の検温

37.5度以上の発熱がある場合は主治医の指示に従い、適切に対応します。他のご入居者さまとの接触を防ぐため、お食事も含めお部屋で過ごしていただくことを基本とします(隔離対応)。

2.不要不急の外出を控えるお願い

不要不急の外出、通院は可能な限りご遠慮いただいています。通院は受診先の医療機関に電話連絡し、処方箋依頼や電話での問診を依頼しています。

3.イベント・レクリエーション(感染症対策の徹底)

イベント・レクリエーションは3密にならないように、定期的に換気をし、ご入居者さま同士や職員の距離を取り、感染対策を十分に行い実施いたします。

施設内の環境を衛生的に保つために

  • 1日5回以上の換気
  • 1日2回 館内全体の消毒
  • 1行為1手洗い・消毒の徹底

ご家族を含む来訪者の管理

  • 感染対策のため当面の間、全館面会禁止とさせていただきます。皆さまにはご不便をおかけいたしますが、感染拡大防止のためにも、ご理解ご協力賜わりますようお願い申し上げます。
  • お問い合わせ

    ご相談・ご質問等ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください。

  • 資料請求

    施設のパンフレットを無料で
    お送りいたします。

  • 見学予約

    ご希望の施設の館内やお部屋を
    実際にご覧いただけます。