基礎知識

老人ホームスタッフの種類(介護士/看護師など)

老人ホームスタッフの種類(介護士/看護師など)
老人ホームでは、さまざまな職種のスタッフが、それぞれの専門性を活かしてご入居者の介護サービスや健康管理サービスを行っております。今回はスタッフの種類や、実際の業務内容をご紹介していきます。

老人ホームには多職種のスタッフが勤務

有料老人ホームの職員配置基準及び人員体制には、介護職員や看護師など、専門職の配置基準が定められています。また配置は定められていないものの、事務員など老人ホームの運営上不可欠な職員も存在します。それぞれが連携することによりケアの向上を図り、ご入居者が安全で快適に生活できるよう努めています。

有料老人ホームの配置基準と人員体制

有料老人ホームの中でも、住宅型有料老人ホームでは人員配置に関する基準は特にありません。比較的元気な高齢者を入居対象者として想定していること、施設が提供するサービスに応じて必要なスタッフが配置されていればいいとされているからです。 ※自治体によっては、何らかの条件を設けている場合もあります。一方、介護付き有料老人ホームでは、介護保険法に基づき職員配置に関しては最低基準が設定されています。

有料老人ホームの職員配置基準及び人員体制を一覧にしました。

職名 人員
介護付き有料老人ホーム 住宅型・健康型有料老人ホーム
施設長(管理者) 1人(専従) 1名
生活相談員 1人以上(常勤換算) 必要数
介護職員 看護職員と併せて要介護者3人に対して1人以上(常勤換算) 必要数
看護職員 入居者30人迄は、1人以上(常勤換算)入居者50人増すごとに1人追加 必要数
介護支援専門員(ケアマネージャー) 1人以上(常勤換算)
機能訓練指導員 1人以上(常勤換算)
入居相談員 配置基準なし 配置基準なし
事務員 配置基準なし 配置基準なし

栄養士や調理員の配置は、義務付けられていません。独自の厨房設備を持っている施設もあれば、食事を外部委託している施設もあります。
続いて、老人ホームの主たる職員である、介護職員、看護職員、生活相談員、機能訓練指導員、介護支援専門員、入居相談員の業務を中心にご紹介していきます。

介護士

主に、ご入居者のお食事や排せつ、入浴などの身の回りの介護を行う職種です。また、身体介護のみならず、食事の準備や掃除、整理整頓などをサポートします。介護職は、単に介助をするのではなく、ご入居者がその方らしい生活を送り続けることが出来るように、様々な職種と協力しながらサービスをすすめていきます。介護士はご入居者と接する機会が一番多く、表情や顔色、口調、皮膚、身体の痛みと言った心身の観察を行い、変化が見られた場合は、看護職等へ速やかに報告するなどの対応も担います。時には、福祉用具をどのように使えば良いのかであったり、ご入居者やそのご家族の相談に乗ったり、介護のプロフェッショナルとしての知識を活かしています。

看護師

老人ホームで看護師に求められるのは、「ご入居者の健康管理」が第一です。介護士が日常生活のサポートを行うことに対し、看護師は医療や看護の立場からご入居者をサポートします。具体的には、インフルエンザなどの感染予防、蔓延防止、薬の管理(投薬・服薬管理)、バイタルチェック、吸引、呼吸器のケア、褥瘡のケアなどが挙げられます。さらに、医師とご入居者、ご家族との間で調整を行い、安全で質の高い医療サービスを提供するために、介護士やその他のスタッフとも連携を図りながら業務を行っています。

生活相談員

生活相談員はお客様やご家族との相談業務全般を担います。具体的には、ご入居者のご様子などのご家族への連絡・報告、関係機関への連絡および調整など、ご入居者に老人ホームでより心地よく安心して過ごしていただけるよう、生活のサポートを行っています。通常は、国家資格である社会福祉士または介護福祉士、社会福祉主事任用資格及びケアマネジャーなどの有資格者が就くことが多い職種です。施設によっては、介護の補助や行事の企画・実施などを行うこともあります。 老人ホームに関する様々な情報が集約されていますので、医療の面やリハビリなどについても、まず生活相談員に相談することをお勧めします。

入居相談員

老人ホームへの入居を検討されているお客様やご家族の入居相談、施設の見学案内、契約業務などが主な仕事です。一番初めにお客様・ご家族にお会いする、ホスピタルメント(施設)の顔となります。入居相談員には特に資格要件はありませんが、介護全般の知識が問われる業務の性質上、現場経験や資格を持っているスタッフも多いです。

機能訓練指導員

リハビリテーション・スタッフとして、直接的に入居者のリハビリを行ったり、日常生活で実践できるリハビリの方法を、ご入居者にアドバイスしたりする役割を担っています。日常生活を営むために必要な機能を改善、または現状の機能の維持や防止のために訓練を行います。なお、リハビリは機能訓練計画書の作成のもと、お客様一人ひとりにあった内容で実施されます。個別や集団リハビリのみならず、ゲームやレクリエーションなどの遊びを通じて体を動かすメニューも行われています。 通常は、国家資格である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、看護職員などが担当しています。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、介護保険法に位置づけられた職種であり、介護保険の根幹をなす「ケアマネジメント」を担う立場です。施設職員としてケアプランの作成は、都道府県知事の主催する試験に合格し、所定の研修を修了した介護支援専門員(ケアマネジャー)にしか認められていません。ご入居者が適切な介護サービスを受けられるように「ご入居者とご家族」と「介護サービス事業所」の橋渡し役も担います。

まとめ

以上のように、それぞれ業務は異なりますが、ご入居者お一人ひとりのために何をすべきかを常に考えて、安心で充実した暮らしをご提供するために、多くのスタッフが連携しながら、専門性を発揮しています。また、良い老人ホームは、介護スキルを身に付ける教育はもちろん、他のホームの事例を学ぶ研修や体験学習などを取り入れ、人として、そしてチームとしての成長を促す教育なども行っています。
  • お問い合わせ

    ご相談・ご質問等ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください。

  • 資料請求

    施設のパンフレットを無料で
    お送りいたします。

  • 見学予約

    ご希望の施設の館内やお部屋を
    実際にご覧いただけます。