老人ホーム選び

認知症の方に向けた老人ホームの選び方

認知症の方に向けた老人ホームの選び方

人は年齢と共に多かれ少なかれ物忘れを伴い、身体とともに心身機能の減退は進み、誰かの手を借りて生活する必要が増えていきます。これに加えて認知症と診断され、徐々に症状が進行すると仮定した場合、老人ホームでの生活を考える際には必要なサービスを受けられる老人ホーム探しが必要となります。認知症は長期的な介護となるケースもあるので入居後にご本人もご家族も満足できる老人ホーム選びが重要です。入居したはいいが認知症が進行したことで退居や住替えが必要になるケースもあります。いつまで入居継続が可能か確認しておき、いつまで入居していたいかなどを予めイメージしておくと老人ホームも選びやすいでしょう。

老人ホーム選びの前に

老人ホームを探す際には、まずはじめにご本人が抱えている認知症の症状で日常生活にどのような介助が必要であるのか理解しておくことが必要になります。認知症は多くの方に「何もかもできなくなっていく病気」と思われがちですが、大多数の方はある一部分の機能が不得意になってしまうだけで、少しの支援で日常の多くの時間は今までと変わらず穏やかに過ごされています。老人ホームの種類によっては認知症の症状に上手く対応できる施設と全く慣れていない施設がありますので症状にあった老人ホームに入居することで穏やかに生活を送ることができるでしょう。しかし、症状に合わないとストレスが多くなり認知症が急速に進行してしまうこともあります。

介護の必要性に応じた施設の選び方

グループホーム

一般的に認知症の方が自分らしく生活を送れる環境の施設はグループホームになります。9人前後の入居者で1ユニットになり、顔なじみの入居者や職員と日々の生活を共にします。食材の買い物や調理、後片付け、洗濯物の担当など今まで自宅でご本人が日常的に行ってきた家事も分担して自宅に近い環境で生活を送ることが可能です。もちろん職員が24時間常駐していますので、できないことや危険を伴う作業などは職員が一緒に行います。自分の役割を持つことで、いつまでも自分らしく生活ができる環境を提供してくれる施設がグループホームです。また、グループホームが所在する同一市区町村に住民票がある方が入居対象になりますので慣れ親しんだ土地で生活が継続できる点もとても大きなポイントになります。他に入居条件として認知症の診断の有無や要介護度の認定も必要になりますので入居を検討される際は入居条件を確認しておきましょう。

介護付き有料老人ホーム(認知症に特化したケアを提供)

介護付き有料老人ホームでもグループホームの機能を一部採用し、ユニットケアを実践して認知症に特化したケアを提供している施設もあります。例えば、認知症の症状でユニット分けをしたり、認知症専門フロアを設けている施設もあります。認知症に特化したユニットやフロアを設けている施設は回想法など認知症の方に有効と言われている介護方法を取り入れているケースもあり、それぞれ特徴を持った認知症ケアを行っている施設も増えてきています。認知症が進行し食事が口から食べられなくなったり、寝たきりになっても最期まで入居できる施設も増えてきおり、医療的バックアップが充実している点も介護付き有料老人ホームの強みでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅/住宅型有料老人ホーム

軽度の認知症の方は必要な介護を受けながらサービス付き高齢者向け住宅や住宅型有料老人ホームでの生活も可能でしょう。介護が必要な方はケアプランに沿って必要な介護が提供されますが、ケアプランでサービスが提供されない時間については独自の方法で必要な介護を提供している施設が増えてきています。介護が必要でない入居者も入居しているため、認知症の入居者とフロア分けなどを行い、生活のスペースを分けている施設もあります。認知症に特化した老人ホームではありませんが、重度の認知症の方の入居が可能な場合もります。入居時の条件や入居してから認知症が進行したとき退居や住替えをしなければいけないかなどの確認が必要です。

職員の資格

職員の資格を確認しておくのも重要です。認知症に特化した認知症ケア専門士の資格を取得している職員が在籍していれば、すくなくとも認知症を専門に勉強した職員がいるということで安心材料の一つになるでしょう。

まとめ

グループホームや介護付き有料老人ホーム以外にも公的施設である特別養護老人ホームも同様に認知症の方の入居は可能です。ただし、介護度や症状などによって入居できないケースもあります。認知症だから入居できないということはありませんが、認知症の症状などによって入居できる施設が限られてしまうことが考えられます。いま入居を検討されている方の生活歴や今後どのような生活を送りたいか、どういう環境を好まれるかなどを総体的に勘案し老人ホームを探されることをお勧めいたします。また、認知症状が進行した時や持病が悪化した時も継続して入居できるのかなども事前に確認しておくと良いでしょう。

  • お問い合わせ

    ご相談・ご質問等ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください。

  • 資料請求

    施設のパンフレットを無料で
    お送りいたします。

  • 見学予約

    ご希望の施設の館内やお部屋を
    実際にご覧いただけます。