老人ホーム選び

高級老人ホーム人気の背景

高級老人ホーム人気の背景
将来の介護が必要になった時に備えて、早い段階から老人ホーム選びを開始する方は大勢います。その中には計画的に資金を工面し、豪華な「高級老人ホーム」への入居を検討する方も見られます。高級老人ホームとは一体どのような施設でどのようなサービスが提供されるのか、いわゆる普通の老人ホームと何が違うのか、興味を持っている方が多いのではないでしょうか。今回はそんな高級有料老人ホームの概要をお伝えします。

高級老人ホームの特徴

介護保険法の施行により、介護を受けるご本人やそのご家族のニーズにより一層適した介護サービスを選べるようになりました。高級老人ホームもその一つで、安心・安全、優雅な生活が保証されますが、費用は高額となる事が多いです。それでは高級老人ホームにはどういった特徴があるのか見てみましょう。

優れた立地

都心部にあり駅から近く、家族もアクセスしやすい傾向があります。リゾート地など自然環境豊かな場所にホームが展開される事も多く、利便性を重視するか住環境を重視するか入居者の希望に沿ったロケーションを選ぶことができます。

建物や設備が豪華

高級ホテルのような建物に加え、館内の家具やインテリアにもこだわったホームが多く存在します。また都心部にあるホームでも広大な敷地を有し、庭や緑が多くなっているのも特徴です。入居者に安らぎを与えるような環境面にも配慮されています。また、耐震性や防火性能などの面でも優れているケースが多いです。

充実した食事

食事をセールスポイントにしているホームも多く、和洋中のメニューから好きな料理が選ぶことができるなど、1日3食できたての味が楽しめます。有名ホテルや料亭などで腕を振るったシェフ、料理人を招き入れ、食材選びや食器などにもこだわっているため、毎日高級レストランで食事をしているかのような雰囲気を楽しめます。

レクリエーションや娯楽が充実

レクリエーションは老人ホーム選びの中で大事なポイントとなりますが、一般の有料老人ホームでは考えられないような充実した内容も高級老人ホームの特徴です。例えば、専門の講師を招いてのフィットネス、カメラや英会話の他、陶芸やガーデニングといったカルチャー教室など、ジャンルを問わず趣味を楽しむことができます。

安心の医療体制

最近では通常価格帯の有料老人ホームでも、医療機関との提携によって医師、看護師による定期的な診察を受けられる施設が増えてきましたが、高級老人ホームも例外ではなく、多くのホームが近隣の医療機関と提携しています。中には医師と看護師が館内に24時間常駐している施設もあります。

入居にあたり注意しておきたいポイント

安心で優雅な生活が送れる高級老人ホームですが、誰もが入居できるとは限りません。各施設とも入居条件が設定されていて、例えば入居しながら介護サービスが受けられる施設であっても入居時点では「自立」(要支援または要介護に非該当)が条件であることや、重度の要介護や高度な医療を必要とする健康状態になった場合、退去となる可能性もあります。何らかの理由で退去する必要が出た場合、入居一時金の償却期間によって返金される額が異なるうえ、高級老人ホームではその金額も高額になるため細心の注意が必要です。

まとめ

高級老人ホームへの入居は決して安価な契約ではありません。そのため、入居者としては施設の雰囲気や提供されるサービスの種類、質などを実際の生活を通じて知っておきたいところです。また、事業者としても入居者とのミスマッチを避けるために、事前の面談や入居審査を行う施設もあります。金額面以外でも一般の有料老人ホーム選びと同様に注意しなくてはいけない点はあります。自分が豊かに暮らすための条件、優先順位をできるだけ明確にし、体験入居や見学で実際の雰囲気を感じ、自分が生活することをイメージしてみることが大切です。
  • お問い合わせ

    ご相談・ご質問等ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください。

  • 資料請求

    施設のパンフレットを無料で
    お送りいたします。

  • 見学予約

    ご希望の施設の館内やお部屋を
    実際にご覧いただけます。