老人ホーム選び

自立型老人ホームとは?元気な内に入れる介護施設の種類

自立型老人ホームとは?元気な内に入れる介護施設の種類

介護はまだ必要ないが、将来を考えて安心できる施設に入居をしたいと考える方に向けた自立型の施設には様々な種類があり、入居する目的や各施設の特徴を踏まえて最適な施設を選ぶ必要があります。

サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者向け住宅は主に60歳以上の自立状態の方を対象にしています。高齢者の方が住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることを実現するために地域包括ケアシステムの政策として2011年につくられました。相談員が常におり、安否確認と生活相談サービスを受けることができ、設備としてはバリアフリー、エレベーターがあるなど高齢者の方が住みやすい造りとなっています。

一番のメリットは高齢者であることを理由に入居の拒否や強制退去などがないことです。ただし、介護度の進行や認知症の症状が進行した場合は住み続けることが困難になり、外部の在宅介護サービスを利用しなければならなくなります。また、その場合は有料老人ホームなどに移ることも考えておく必要があります。

契約形式は賃貸借契約となっており、費用を比較的かけずに借りることができます。また、一般型と介護型でも料金は大きく異なります。一般型の初期費用は敷金として比較的安価な数十万円で借りられるところが多く、礼金や更新料は不要です。一方で介護型の初期費用では前払い家賃として数百万~数千万円が必要なケースがあります。

一般型の月額費用は家賃、管理費等を含めて20万円程度、食費や光熱費などを含めると30万以上かかります。一方の介護型の月額費用は家賃・管理費に加えサービス料などが入ってきますので40万以上かかるところもあります。

施設によっては看護師が24時間常駐していることもあり、看取り対応が可能なところもあります。なお、入居にあたっては連帯保証人や身元保証人が必要となります。

サービス付き高齢者向け住宅は数多くありますが、まだ歴史が浅いこともあり内容は様々なので事前に確認しておく必要があります。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは自立状態の高齢者を対象とした食事サービスが付いた高齢者施設です。施設によっては温泉やジム、プールなどの設備があり元気な高齢者の方が楽しめるようになっています。また、部屋も広く、キッチンなどがついています。

気をつけなければならないのは介護が必要になった際は退去する必要がある点です。そのため少子⾼齢化の現在においては、最適なスタイルとはいえず、施設数は少なくなっています。なお、介護が必要になった時点で退去となるため、返金については入居前に確認しておく必要があります。

シニア向け分譲マンション

シニア向け分譲マンションは高齢者を対象にした分譲マンションです。民間の企業が運営しており、家事代行や食事の提供、緊急時の対応、レクリエーションなどを充実させ、高齢者の方が安心して暮らせるようになっています。また、共有エリアではカラオケや理美容室、売店などがあります。

なお、入居には審査があり、資産や収入額なども見られますので入居へのハードルは高い傾向にあります。

軽費老人ホーム

軽費老人ホームはその名の通り、比較的安価で入居することができます。自立した生活に不安があり、身寄りのない方が自治体などの助けも借りて入居します。軽費老人ホームには3種類あり、食事を提供するA型、食事提供がないB型、そして次項で紹介するケアハウスがあります。

ケアハウス

ケアハウスは60歳以上で在宅での生活に不安があり、身寄りがない、もしくは家族からの援助を受けられない方を対処としています。

一般型と介護型の2種類があり、一般型は食事サービス、安否確認、生活相談サービスが提供されます。介護型は要介護1~2の方が対象となり、施設の職員から介護サービスを受けることができます。なお、要介護度や医療への依存度が上がった場合は退去を求められるケースがあります。

自立型有料老人ホームの選び方

老人ホームや介護施設に入居するということは終の棲家を決めるということです。

施設は入るだけでも入居金がかかるところがあり、退去時にお金が戻ってこないことも多いです。また、入居した後に別途費用が必要になるケースもありますので入居する前に施設に確認、相談しておくことが大切です。

  • お問い合わせ

    ご相談・ご質問等ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください。

  • 資料請求

    施設のパンフレットを無料で
    お送りいたします。

  • 見学予約

    ご希望の施設の館内やお部屋を
    実際にご覧いただけます。