老人ホーム選び

老人ホームへの入居は何歳が一般的?

老人ホームへの入居は何歳が一般的?

老人ホームを探している中で「自分は入居できる年齢なのだろうか?」「何歳で入居するのが妥当なのだろう?」そんな疑問を抱くことがあると思います。老人ホームに入居するにあたり、最適な年齢や年齢制限はあるのでしょうか。ここでは一般的な高齢者施設への入居年齢の目安や探し始めるタイミングを解説していきます。

老人ホームは何歳から入居できる?

老人ホームは何歳から入居できるのでしょうか。一般的には入居条件を60歳または65歳以上としている施設が多いです。

原則60歳以上の施設

  • 軽費老人ホーム(A・B型)
  • 老人保健施設

原則65歳以上の施設

  • 軽費老人ホーム(C型)
  • 特別養護老人ホーム
  • 養護老人ホーム
  • グループホーム
  • 有料老人ホーム

一般的に施設への入居可能年齢は介護保険が適用される年齢となる65歳が多いですが、要介護認定を受けていると65歳未満であっても入居可能です。年齢制限を設けていない施設でも、実際の入居者は60~65歳以上の方が多いのが特徴です。また、65歳未満で介護認定を受けていない方は、自立支援費などがかかる施設もあります。

家庭や住宅、経済状況などの理由により、無料もしくは定額費用で入居可能な軽費老人ホームに関しては、3つのタイプ(A・B・C型)に分かれており、タイプによって入居可能年齢が異なります。A型は食事や介護サービスあり、B型は食事などのサービスなし、C型は主にケアハウスとなっていて、生活のサポート有無で分けられています。

【関連記事】ケアハウス(軽費老人ホーム)とは?

老人ホームの入居条件は?

老人ホームの入居条件はいくつかの規定に沿って定められています。一般的には老人ホームに入居できる年齢は60歳~65歳ですが、それ以外にも要介護度や医療依存度、保証人の有無や収入などの条件によって入居できる施設が異なります。

近年は若年性アルツハイマーなどの病気によって、60歳未満の方でも入居できる施設も増えています。また、民間で運営している施設の場合、特定疾病があり介護認定されている方は60歳未満であっても受け入れ可能な施設もあります。なお、60歳以上であっても公的施設や民間施設で入居条件は異なりますので事前の確認が必要です。

老人ホームの入居は何歳ごろが最適?

老人ホームに入居する目的によって、老人ホームの種類や入居するタイミングは異なります。元気なうちに老人ホームに入居して安心を得ながらセカンドライフを過ごすのか、介護が必要になってから入居するのか、その方の生活スタイルや周りの環境などによっても異なってきます。

最近よく耳にする「健康寿命」について見てみましょう。平成25年度の厚生労働省の発表では健康寿命の平均は男性71歳・女性74歳です。一方、平均寿命は男性80歳・女性86歳と発表されています。男女ともに何らかの介護が必要な期間が約10年間あります。この健康寿命を参考に希望するセカンドライフや身体の状態などを踏まえて老人ホームに入居する年齢を検討されるとよいでしょう。

元気なうちに入居を考えているという方は60代のうちに見学をして70代前後で入居、セカンドライフを楽しむという計画も良いでしょう。老人ホームへの入居目的は必ずしも介護だけではないため、ご自身の生き方や経済状況に合わせて最適なタイミングを検討する必要があります。

老人ホームは何歳ごろから探し始める?

「施設に入居するのは介護が必要になってから」とお考えの方も元気なうちに見学しておくことをおすすめいたします。ご自身が介護状態になってからでは見学にも行けず、ご自身の意思とは異なる老人ホームに入居しなければならないこともあるでしょう。そのため、元気なうちに見学をして介護が必要になったら入居したい老人ホームを事前にご家族と相談しておくとよいでしょう。

60代の元気なうちに見学をする場合、先に述べた健康寿命を参考にすると入居までには10年以上のブランクが生じてしまいます。10年も経てば新しい老人ホームがいくつもオープンしているでしょうし、今はないサービスも新たに始まっているかもしれません。入居するまでに時間経過はありますが、将来のために知識を備えておく意味で見学されるとよいでしょう。

要介護認定の状況

介護が必要になってから入居を考えていらっしゃる方も要支援や要介護の認定を受けてから入居することになります。 要支援や要介護の認定を受けた人の割合を年代別にみてみましょう。

65~74歳 75歳以上
要支援 1.4% 9.0%
要介護 2.9% 23.5%

※厚生労働省「介護保険事業状況報告(年報)」(平成27年度)より算出

75歳を超えると要支援や要介護の認定を受ける人が増えていることが分かります。一概に「何歳から老人ホームを探して何歳に入居する」と年齢だけで決めることはできませんが、先に述べた健康寿命と要支援や要介護の認定年齢などを踏まえるとやはり元気なうちに老人ホームを見学しておくことをおすすめいたします。

まとめ

各施設の入居の年齢制限に関してはホームページやパンフレットで確認できますので気になる施設があれば予め確認しておくとよいでしょう。生活環境や身体状況により最適な入居のタイミングは異なりますので、予め将来設計を立てて入居のタイミングを考えておくとスムーズです。

  • お問い合わせ

    ご相談・ご質問等ございましたら、
    お気軽にお問い合わせください。

  • 資料請求

    施設のパンフレットを無料で
    お送りいたします。

  • 見学予約

    ご希望の施設の館内やお部屋を
    実際にご覧いただけます。